最先端研究

炭化ケイ素の可能性

SiC(炭化ケイ素)半導体とは、シリコン(Si)と炭素(C)を使った半導体を指します。
従来はシリコンをベースにして作られることが多かったのですが、炭化ケイ素は耐熱性
や耐久性に優れていることなどから、耐熱素材としても用いられることがありますし、
また多くの電力を消費する部分でも応用されています。

 

炭化ケイ素の技術が本格的に普及していくのは2020年以降だとも言われています。
すでに実用化はされていますが、現時点ではコストが高いために、一部でしか実用化が進
んでいないのが現状です。しかしながら、今後は非常に高い需要が見込まれていると言えるでしょう。

 

現在実用化が進んでいるところとしては、サーボモーターや無停電装置などです。すでに
実用化されていて、需要を牽引しています。これらに共通することは、大容量の電力を
消費することです。少量の電気容量で細かい処理をするのではなくて、大容量の電力を
必要とするような部分で重宝されています。

 

今後、需要を牽引していくと考えられるのが自動車関連です。現在のようなガソリンエンジ
ンを消費して動く自動車から、電気自動車へと今後は移行していくと考えるのは自然なこ
とで、すでに電気自動車は実用化が進んでいると言えるでしょう。自動車という大きなも
のを動かすためには大容量の電力を処理しなければなりませんから、そのための半導体と
して炭化ケイ素は非常に重要な位置づけにあると考えられます。

 

需要面で見ていくと、現在のところは市場規模がやや小さくなっていると言えるでしょう。
というのは、まず世界経済が低迷しているために需要が減少していることが一つとしてあげ
られます。また、参入メーカーが増えたことによって価格競争が起こり、これによって金額ベ
ースでの市場規模は小さくなっていると言えるでしょう。景気が回復すれば、製品数ベー
スでの需要は高くなり、今後は半導体の多くを炭化ケイ素が占めていくと考えられます。

炭化ケイ素の可能性記事一覧

航空・宇宙・発電ビジネスから見る炭化ケイ素の可能性

炭化ケイ素は、炭素(C)とケイ素(Si)が1対1で結合させた化合物で、天然にはほとんど存在せず、宇宙から降り注ぐ隕石の中に僅かながら含まれています。人工的に製造する事ももちろん可能です。特徴としては、高硬度で耐熱性・耐久性に優れており、研削砥石や研磨布紙の原料、耐火物や発熱体として利用されています。...

≫続きを読む